※インターネットエクスプローラ 10でメニューが正しく表示されない。「互換表示」参照
 
1. 通勤災害では、労災保険と健康保険どちらを使ってもよいのですか?
2. 通勤災害での負傷ですが、手続きがわからなかったので健康保険で受診してまった。
3. 「逸脱」と「中断」は、どのように違うのですか。
   
 
【回答】
通勤途上災害における「逸脱」とは、就業又は通勤とは関係のない目的で「合理的な経路」から逸れることです。
例えば、故意に遠回りしたり、同僚を送り迎えしたり(業務ではなく)、託児所に寄るような場合。
 
「中断」とは、通勤行為とは関係ない行為を行うことを言います。
例として、飲み屋へ行ったり、映画・コンサートへ行ったりする行為。
 
「逸脱」・「中断」共に、「合理的な経路」から逸れた後は通勤途上として認められません。
しかし、「日常必要な行為で必要最小限なもの」として逸脱・中断した場合には逸脱・中断経路から通勤途上経路に戻れば通勤途上経路として認められます。(詳細については、「労災保険の概要」をご覧下さい)
例えば、
・通勤経路に近い同僚の送り迎え(業務ではなく)。
・託児所への子供の送り迎え。
・日用品や食料品などの買い物。
・病院(家族の看病や見舞い含む)や薬局に寄る。
車両通勤であれば、給油等の行為も日常必要な行為で必要最小限なものに含まれます。
あくまでも日常生活の必要から通勤の途中で行う必要があるもので、且つ最小限度の時間と距離であることが「日常必要な行為で必要最小限なもの」になります。
 
前述の他では、
・選挙権の行使その他これに準ずる行為。
・職業訓練校・学校(学校教育法第1条)で行われる教育やこれに準ずる職業能力開発向上に資するものを受ける行為。
日常必要な行為で必要最小限なもの」として認められています。
 
ちなみに、学生アルバイトの通学経路上に勤務先があるような場合は、勤務先と住居の間が通勤経路であって学校と勤務先の間は通勤経路とはなりません。
余談ですが、勤務先と住居の間は定期券の学生割引を受けることはできません。
 
4. 翌日の出張に必要な書類を忘れ、会社に取りに戻る途中の事故。
5. 会社帰りに郵便物を出しに行く途中での事故は通勤災害ですか?
6. 仕事に行く際に、玄関先で怪我をしてしまった場合は?
7. 通勤手当をバス代で申請していますが、バイクで通勤災害したら?
8. 自賠責保険から保険給付を受けていますが、特別支給金を請求できますか?